logo02.png

PreView® Sentry™

過酷な環境での重機用死角監視・衝突防止レーダー

PreViiewSentry.png

土木建設および採掘掘削業界での事故は金銭的損害が大きく、また業務全体の遂行を妨げることがあります。残念ながら、このような事故は増加しています。統計によると、死亡者の約75%は重機に関係しています。PRECO社は、この課題を解決するために、過酷な環境でも利用できる信頼性と安全性が高いソリューションを開発することで、重機事故の発生と被害を大幅に低減することを目指しています。

PreView Sentryは、最も柔軟、正確、強力な動的死角監視ソリューションです。

Sentryは、検出ゾーンを設定することが可能で、レーダーの正面から最大30メートルの距離の物体を検出し、検出ゾーンの幅は、車種に合わせて調整します。

Sentryは、最大16の人または物体の位置と速度を正確に識別し、最も近い物体の距離を報告します。また、設置される過酷な環境(高温度、霧、雨、雪など)でも動作するように設計されています。

製品概要

PreView® Sentry™は、機器(車両、トラック、機械)の運転者に、障害物の存在を警告するFMCW(周波数連続変調)方式レーダー物体検出システムです。障害物センサーは、動いている物体と静止している物体の両方を、設定したエリア内での存在を検知し、可視ディスプレイ(レンジインジケータ)と可聴信号(ディスプレイまたはブザー)によって、運転者へ、最も近いオブジェクトの距離を報告します。

PreView®センサーは、非常に過酷な環境(高温度、霧、雨、雪など)でも良好に機能します。センサーに、乾いた泥・湿った泥・氷が付着していても動作可能です(過多になると警告します)。

センサーは IP69Kに適合するように保護されており、高い振動や衝撃レベルに耐え、実質的にメンテナンスフリーです。

センサーについて

PreView® Sentry™は、小さく、堅牢な、短/中距離のレーダーセンサーです。過酷な環境で使用することを前提で設計されています。例えば、堅牢で高性能なレーダーが必要な、トラック/バス、建設、鉱業、廃棄物、設備事業などでの使用。

センサーは、低電力の24 GHzレーダー信号を送受信します。送信後、障害物が反応するリターンシグナルを測定し分析し、この情報を運転者にインジケータ経由で報告します。センサーは、運転者が検知ゾーン内の検出障害物を素早く認識するために、300ミリ秒(ms)以内に検出を報告するよう設計されています。

FMCW(周波数連続変調波)を使用して、Sentry ™は、範囲、速度、角度、反射率、その他パラメータを、複数の静止ターゲットや移動ターゲットに対して同時に測定します。このレーダーセンサーは、+/- 75°(150°)までの広い水平視野を持ちます。

下図は、 Sentry ™センサーの調整可能な検出ゾーンの例です。

PreViiewSentry1.png

コミュニケーション機能について

Sentry ™は、ISO 11898-2として規定されたCANインターフェースを使用して運転者側のディスプレイ(インジケーター)と通信します。CANバスは250 KB /秒で動作します。

CANは、標準の通信インターフェースなので、センサーは、他のCANコントローラ、移動体通信システム、ディスプレイなどに接続することができます。

オペレータディスプレイ(インジケータ)について

オペレータディスプレイ(型名:CD6102)は、PreView®CANベースのセンサーで使用されるディスプレイです。このディスプレイは、物体の検出を視覚的に運転者に警告します。また、可聴警報ブザーにより、障害物が接近するにつれて段階的に音量が増加します。警報を確認後、ブザーを消音することもできます。

PreViiewSentry2.png

仕様

センサー仕様

動作特性

電気的仕様

通信インターフェース